So-net無料ブログ作成
四国漫遊記 ブログトップ
前の10件 | -

四国漫遊記「しまなみ海道~尾道~倉敷~京都~終了」 [四国漫遊記]

slideshow.jpegslideshow-12.jpeg
もうこっからは一気にw

1556816524_250.jpeg
ちょうど夕暮れに「しまなみ海道」走れて
いい景色にぶち当たり、ラッキーでした。
ホントは時間かけて島まわりたかったけど
なんか疲れてて、松山でダラダラとw

尾道に夜着いたので「尾道ラーメン」と思い
探したけど、どこもやってないw
唯一、明かりがついてる店があったので
寄ったのですが、、あとで調べたら
尾道ラーメンのニューウエーブらしく、、、w
slideshow-1.jpeg1556816524_206.jpeg
あとは一気に走って倉敷入り。
いよいよ翌日に「大原美術館」を堪能して旅も終わり。

大原美術館はさすがに素晴らしかったですわ。
まあ、前半瀬戸内の新しいアートとは違う、
クラシックなアートだけに迫力がありました。
児島虎次郎さん、すごいね。
slideshow-3.jpeg
slideshow-8.jpegslideshow-2.jpeg


slideshow-4.jpegslideshow-5.jpeg
slideshow-6.jpegslideshow-7.jpeg

slideshow-10.jpegslideshow-9.jpeg
後は倉敷散歩して、
京都立ち寄ってハモ食って、
一気にノンストップ5時間で帰宅。
総走行距離2076Kmでございました。

さすがにツカレターw
前半と後半のマインドが違いすぎて
悪くはないんだけど、なんだかなあ、
みたいなところもありだけど、、、。

ま、お金貯めて、また行こう。
てことでひさびさ、というか
大人になってからはプライベートでは
初めての大旅行だったな。

さあて、社会復帰が難しいぞw
slideshow-11.jpeg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

四国漫遊記「松山0806」編 [四国漫遊記]

slideshow-4.jpeg

なんか、観光日記になってきてるな。。。
まあ、いいや備忘録だし。

なんせ疲れも出てるし、
朝から温泉なんて入ったモンで
動き出しも遅くなり、のたのたw

slideshow-5.jpegslideshow-6.jpeg
愛媛美術館いったらガンダムがお出迎えw
「メカニックデザイナー大河原邦男展」なんてのやってて
例の倉田光吾郎さんのスコープドッグ1/1も来てました。
まさか四国で再会することになるとはw

slideshow-3.jpeg
で、今回は高知城も見れなかった城まにやとしては
最低限、松山城は見ていこう、と。
ここは天守はまあ、普通だったけど
二の丸庭園がよかったわ。
1556811545_29.jpeg1556811545_204.jpeg

二の丸の遺構をそのままお庭にしちゃったってヤツで、
ちょっと不思議な感じがするいいトコでした。
まだ未完のようで、完成したらも一回来たいかな。

1556811545_59.jpeg
あとは萬翠荘見て、、、愚陀佛庵見ようと思ったら
、、、なんと7月の大雨で土砂崩れがあって全壊したと!
ありゃ驚いたよ。

そしていよいよ「しまなみ街道」を抜けて
四国を後にして、本州に戻ることに。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

四国漫遊記「内子町〜道後温泉0805」編 [四国漫遊記]

カルストを堪能できない未練を胸に、
四国名物の酷道を下り、一路内子町に。
この日中に松山まで行くのだけど、
まあ、観光w
slideshow-1.jpeg1556802502_36.jpeg

途中には龍馬脱藩の道が!
slideshow.jpeg

1556802502_66.jpeg
なかなかいいトコでしたよ!
でも、明日から始まるらしい、
「七夕祭り」の準備で町の人は大忙し。

1556802502_106.jpegslideshow-5.jpeg
そのせいか店も早じまいだしw
ここでもたっぷり季節はずれを満喫w
町のカンジはホントご幼少のみぎりは
東京もこんなだったよなあ、と思い出させる郷愁系。

slideshow-4.jpegslideshow-3.jpeg
見学したお屋敷も、私くらいのお年ですと、
そいや、ちょうどじいちゃんばあちゃんちが
こんなカンジ(つくり)だったなあと。

わざわざ来ることはなかなか無さそうなので、
ちょっと寄り道してよかったな、みたいな。
slideshow-6.jpeg

slideshow.jpg
てことで、すたこら走って松山入り。
んでもって、おまちかねの道後温泉

はい、行ってきました道後温泉本館
ついた日の夜と翌朝の朝イチの
2回も入ってきましたw

1556806242_51.jpeg1556806242_127-e638d.jpg

初日は時間ないってんでひとりでいったんすけど、
やっぱ連れも入りたいとぬかしたので
翌日は最上級の「霊の湯三階コース
個室でゆったり、お茶+坊ちゃん団子付きw
slideshow-2.jpegslideshow-1.jpeg1556806242_156.jpeg

確かに「千と千尋」だわw
いいねえ、こういうの。
ちょっと高いけどねえ。
建物はさすがにというかお見事でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

四国漫遊記「四国カルスト0805」編 [四国漫遊記]

そろそろ旅も折り返しで、
後半戦のメインイベント
四国カルスト」走破だ!
天候が不安だけど、まあ行くしかない。
slideshow.jpegslideshow-1.jpeg

てことで行きは「横波黒潮ライン」ドライブ。
うわあ、ここはすげえや。
お天気もよろしく、太平洋見ながらまったりドライブ。
slideshow-4.jpegslideshow-3.jpeg
途中、半平太さんの像があったことを後で知る。。。
スマン、挨拶せんで通り過ぎちゃいました。

で、須崎から四国カルスト向かうわけですが、、、
下界とはうってかわってやーなお天気に。
下から見ると、どうみても目的地は雲の中w
slideshow-6.jpeg

はい、、、行ってきました。
なんか、もう4~5日こんなカンジらしいです。
まあ、山ですからw
本にあるような天気はそうそうないですよw
と言われました。
slideshow-7.jpegslideshow-8.jpeg

牛もいました。
でも、牛、やる気ないです。
まあ、、、カルストの片鱗は感じました。
slideshow-9.jpeg

いつかリベンジだな。
slideshow-2.jpeg
すげえ悔しい、、、、(´・ω・`)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

四国漫遊記「高知0804」編 [四国漫遊記]

もう、後ろ髪引かれる思いで高松を後に。
なんかいまさら観光ってのもなあ、ってのが正直なトコで。
一時はもうアート漬けの島巡りにしようかと思ったが、
せっかく四国だし、、という貧乏根性で移動開始。
DSCN0698.jpg1207_460705484_134large.jpeg

んが、しかしトンネルをいくつも抜けて
高知入りした途端に雲行きが、、、。
1207_460705477_188large.jpegslideshow-1.jpeg
それも思いついたように降り出すというヘンな天気。
こっちでは当たり前なのだろうか?

まあ、とにかくお約束の桂浜へ行って
龍馬さんにご挨拶だ!
slideshow-2.jpeg

一気に観光モード全開だが、
さすがに名だたるスポットだけあって
アートに負けないだけの自然力で
すっかり楽しんで参りましたw
1556791828_202.jpeg1207_460705443_215large.jpeg

天気もちょうど回復。
もう、思いっきり太平洋なカンジ。
風光明媚ってのはこういうのいうのだね。
1556791828_57.jpeg
1207_460705419_56large.jpeg


ええええ、もちろん夜には
きっちりカツオたたきも堪能。
1207_460705347_102large.jpegslideshow-3.jpeg

なんだかよさこい直前らしく
あっちこっちで練習中。
まったく観光リテラシー低くて
季節はずれもいいとこなんだろなw
1556791828_44.jpeg
slideshow-4.jpeg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀬戸内国際芸術祭「直島0804」編 [四国漫遊記]

そんなわけで、いよいよ瀬戸内アート編は最終日。
正直駆け足すぎて、スタンプラリー状態だったわい(´・ω・`)
(実際見学したトコはパスポートチケットにスタンプ押されるw)
1556785198_222.jpeg

昼にはフェリーに乗らないかんので
残された時間でベネッセハウスのまわりを駆け足でまわる。
slideshow-1.jpegslideshow.jpeg


ああ、時間足りねえ、、、。
1556785198_79.jpeg
はい、見たね、次いこ次、ではなんだかなあ、、、。
1556785198_101.jpeg
とはいえ、こんだけ立て続けに、質の高いモン見せられると
イヤでも自分の中でも何かが変わるね。
直島はもう一回来ないといかんかもな、、。

slideshow-6.jpeg

てことでフェリーに乗って高松に。
そして、そのまま一気に高知を目指すのであった。

slideshow-5.jpeg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀬戸内国際芸術祭「直島0803」編 [四国漫遊記]

1556775389_133.jpeg

いよいよ4日目。
暑さにやられ、疲れもピークw
本日は居を高松から思い切って直島に。
それも大盤振る舞いでベネッセハウスに(1泊w)

なわけで、主催者はクルマで来るなゆうてますが、
ベネッセハウスに確認したところ、
どぞどぞクルマで、ってんでダイダイも渡海。
ふふふ、さぞや珍しいナンバーであろ。

1207_460705966_150large.jpeg1207_460705964_99large.jpeg

と思ったのもつかの間。
品川、千葉、横浜、多摩、沼津、福岡、倉敷、広島
と全国津々浦々のクルマがw

まずは家プロジェクトを回ろうってんで行きました。
いやあ、ここはさすが本丸、
というか芸術祭関係なく、
ずっとアートな島なのでいままでとは勝手が違う。
1556775389_83.jpeg1556775389_202.jpeg

はい、この線からはいらないでね~。
はいはい、カメラだめよ~。
こらこら! 私語をつつしみなさい!
てな感じのちとタカビー系。

でも、まあさすがに作品はすごいっす。
運良く安藤忠雄&タレルの『南寺』も
見知らぬおっちゃんから余ったから
といって整理券をもらえました。

うおー、これはすごい!
こりゃクチでは説明できねーんですけど、
なんとゆうか、ぜひ体験して頂きたい。
真っ暗闇の中の光を触れるのです、、、。

で、そして、予約しておいた地中美術館に、、、。
1207_460705905_195large.jpeg
ここはすばらしかった。
DSCN0608.jpg
建ててから、作品を入れるんじゃなくて、
作品を入れるために、建物を建てたってのかな。
まあ『南寺』の原点みたいなもんなんだけど
とにかく圧倒されました。
DSCN0617.jpg
で、この日は宿泊者特典の夜のミュージアムを堪能。
時間あったら(お金もあったらw)ここは2泊以上しないとダメだなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀬戸内国際芸術祭「女木島0802」編 [四国漫遊記]

1554561488_91.jpeg
slideshow-5.jpegslideshow-4.jpeg

そしてお次は男から女。
てか、ここは鬼ヶ島らしい。
あと、だんだん~ばたけ~の~
の舞台だともいうらしい。

1554561488_97.jpeg1554561488_173.jpeg

そして、いきなり海賊だったともいわれる
鬼の本拠地の大洞窟へ向かったでござる。
ここでのアートもその洞窟にあるってんで。

、、、(笑)

いやあ、アートは素晴らしいっす。
なんか金属の網みたいので作られてるんだけど、
影と相まって幻想的で、もう彫刻みたいなの。
で、感動して横に眼を移すと、、、、キッチュな鬼がw

1207_460706067_164large.jpeg
1207_460706098_60large.jpeg
1207_460706091_125large.jpeg
1207_460706106_156large.jpeg

ううむ、なんともその観光地バリバリ感と
アートの落差が激しくて、、、そこになんか
作家さんは見いだしたものがあるんすかねえ?


slideshow-6.jpeg
slideshow-7.jpeg
その夜はやぱり最終便になってしまい、
作品のあるお店にどこぞのシェフが
出張でコースやってくれてるってんで
そこでお夕飯にしました。
えれー、うめー!

slideshow-8.jpeg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀬戸内国際芸術祭「男木島0802」編 [四国漫遊記]

3日目はまず「男木島」に行ってみた。
ここは素朴ないい島。

1554525503_80.jpeg1554525503_5.jpeg

アーティストもメジャー系ではなく
島で暮らして住民と一緒に創ってく、
みたいなカンジでやってるらしく
作品もほんわか身近でいいカンジ。

1554525503_107.jpeg

広さも手頃で歩いて回れる。
んだがしかし、もうまるで迷路w
いわゆる生活道路というか、
家の裏の隙間というかw

1207_460644456_123large.jpeg1207_460644557_247large.jpeg
1207_460644588_182large.jpeg1207_460644609_80large.jpeg
1207_460644096_249large.jpeg1207_460644268_24large.jpeg

登ったり降りたり、行きつ戻りつ
コンプリートした頃には
脱水症状一歩手前w
slideshow.jpeg
slideshow-1.jpeg
slideshow-2.jpeg
slideshow-3.jpeg
なんにしろ暑い!
もう、シャツとか絞るとぼたぼた。
なんだか38度くらいあったらしい。

お昼はタコの天ぷら定食。
そのお昼食べた店も作品会場で
天井からアートがぶら下がってたりして
なんともいえぬ暖かい島であった。

1207_460706171_35large.jpeg1207_460706166_152large.jpeg

今回、一番気に入った島かもだな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀬戸内国際芸術祭「犬島0801」編 [四国漫遊記]

「豊島」を後にして、公演予定地の「犬島」へ
DSCN0234.jpg
1207_460644974_225large.jpg
1207_460644971_33large.jpg

ここのメインは精錬所とゆう廃墟系アート。
ちと、混んでてせっかく素晴らしいのに
きちんと味わうことができず残念感漂う。

その後はプラプラ廃墟巡りしたけど、
そっちは良かったなり。
やっぱ廃墟にはチカラがあるね。

1207_460644891_117large.jpeg1207_460644929_198large.jpeg1207_460644935_202large.jpeg1207_460644939_116large.jpeg

で、夜は今回の目玉、維新派の公演 「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」
屋台村も出てて夜ご飯はジャンク。

1554498415_26.jpeg
1554498415_167.jpeg
1207_460644732_84large.jpeg

にしても、なんつうか、
えらく迫力のある集団だね。
語れるほどの眼力も蘊蓄も持たぬので
素直に感動した、すごかった。

1207_460644660_214large.jpeg

そして、帰りの船便は最終便。
出演者スタッフ総出で見送ってくれました。
高松に戻ったのはもはや深夜。
とにかく疲れたのでばたんきゅう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 四国漫遊記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。